遺産分割協議とは、相続人全員で遺産の分け方を決める話し合いのことですが、その話し合いで決まった内容を書面にしたものが、【遺産分割協議書】とよばれるものになります。

 

相続が発生したとき、相続人が一人ならその人がすべての遺産を相続しますが、相続人が複数いる場合は、誰がどの遺産を相続するのかを決定しなければなりません。そこで相続人全員が集まって遺産分割協議という話合いを行います。
協議内容に相続人全員が合意できれば遺産分割協議自体は終了します。但しどのような内容で合意したのかが明らかにしておかないと後でトラブルになるおそれがあります。

トップへ戻る