札幌市西区の八軒・琴似地域に所在する司法書士事務所です。

相続放棄とは

相続放棄とは、一切の財産を相続をせずに全て放棄してしまうことを云います。

 

ある方が亡くなり相続が開始したら相続人が法定相続分に従って財産を相続することが基本です。
ただ相続財産は現金や預貯金、不動産等のプラスの資産だけではありません。故人が借金を残しているような場合には
これらの借金等のマイナスの資産も相続財産に含まれてしまうのです。

 

もし借金のようなマイナス財産をも相続してしまった場合、相続したプラス財産の中からこの借金を支払えない場合には、相続人が自分の財産から故人の借金を支払わなけれならなくなります。
そこでこのような事態を避けるために相続放棄制度を利用します。相続放棄をするとその人は初めから相続人ではなかったことになるので借金も相続せず当然その支払をする必要もなくなります。

 

それでは相続財産中に借金があるにも拘わらず相続放棄をせずに放置していたらどうなるのか?

 

相続人自身の財産が差し押さえられてしまう可能性があります。

 

この場合はまずは相続債権者から借金の支払督促が来ます。電話や郵便などで督促が来るので、まるで自分が借金苦であるかのような扱いを受けます。支払をせずに放っておくと相続債権者から裁判を起こされてしまいます。そして裁判所が判決を出したら、相続債権者は相続人の遺産に対して強制執行(=差押)をしてきます。

 

このとき差押えの対象になるのは故人の遺産だけではなく、相続人自身の資産も含まれます。もし相続人に自分の家がある場合、相続債権者はその家を競売にかけて債権回収することもできるのです。借金を相続するとその借金は「故人の借金」ではなく「相続人自身の借金」になってしまうからです。

 

そのためもし相続財産に多額の借金が含まれている可能性があるのであれば早期に相続放棄する方が賢明でしょう。

 

トップへ戻る