札幌市西区の八軒・琴似地域に所在する司法書士事務所です。

空き家対策

空き家対策

相続の結果として普通の一般家庭でも自宅以外の家を所有する可能性が高まっています。その理由は核家族化の進行です。一昔前であれば親子家族での同居、あるいは先祖代々暮らしてきた家を子供達のどなたかが引き継いでいくのが普通でした。しかし現在は核家族化が進み「親は親の家に住み、子は子の家に住む」という構図になっています。当然夫婦であればお父さんにも親がいますしお母さんにも親がいます。そうするとどうなるでしょうか? 夫婦で建てたマイホームに加えて、それぞれの実家に1つずつ家が存在することになります。そうすると相続が発生した場合、単純に3つの家を所有する可能性があることになります。そのため今後はこの相続した「親の家」についてもどのように対応していくかが重要な問題となっています。思い出のある親の家を「空き家化」することは避けたいですね。

 

空き家対策

トップへ戻る